日本肥満予防健康協会が勧めるオーリスタットとヨガ

太りすぎは着たい服が着られなかったり外見が美しくないだけでなく、高血圧や糖尿病、動脈硬化、心臓病やがんなどの重大な病気を引き起こす原因にもなるのでダイエットをして適切な体重に戻るのが望ましいとされています。日本肥満予防健康協会も肥満のリスクや生活習慣病の恐ろしさなどを訴え、健康診断で肥満やメタボと診断されたら直ちにダイエットを始めるように呼び掛けています。しかし、いきなり食事を減らしたり激しい運動をするのは大変で、挫折する原因にもなり健康によくありません。そこで日本肥満予防健康協会が推奨しているのがオーリスタットとヨガによるダイエット方法です。

オーリスタットは肥満治療に使われるダイエット薬で、胃や腸で脂肪を吸収するリパーゼという酵素の働きを抑制します。そのため、食べた脂肪分が体内に吸収されずに便と一緒に体外に排出されてしまうので、どんなに脂っこいものを食べても体脂肪として体に蓄積される心配がなくなります。肉の脂身や揚げ物などを我慢しなくても、オーリスタットを飲んでおけば自然に低カロリーになるので食事制限と同じ効果を得ることができます。

ヨガはゆっくりと体を動かす有酸素運動で、体脂肪を燃焼させてインナーマッスルを鍛えるのに有効です。激しいスポーツではないので体に負担をかけず、太っていてもできるのでジムに通って無理なトレーニングをするより有効で続けやすく、基礎代謝をアップさせて痩せやすい体質になることができます。適度に体を動かすのでストレス解消にもなり、引き締め効果もあります。

医者に肥満と診断されたり、最近太ってきたと感じたら日本肥満予防健康協会も認めているオーリスタットとヨガを取り入れた方法で効果的にダイエットを始めましょう。